植物の種類によって剪定方法が変わってくる

ミニトマトを育てる

土いじり

野菜の値段が高騰する昨今、家庭菜園で家計の足しにと考える方も多いでしょう。主食になる様な野菜を育てるにはコツが必要になってしまいますが、副菜などちょっとしたおかずになる野菜や果物なら、初心者でも自宅で育てることができます。ベランダのプランターや、ちょっとしたスペースでまずは1種類の作物を育ててみましょう。初心者でも家庭菜園でチャレンジしやすい作物としては、ミニトマトやきゅうりなどがオススメです。中には学生時代に育てたという方もいるでしょう。子供でもチャレンジできるぐらい簡単な作物になります。

家庭菜園を始める前にはまず、土台となる土と肥料、育てる作物の苗を用意しましょう。種ではなく苗だと初心者でも育てやすいのでオススメです。作業道具も、小さなスコップで十分でしょう。まずは土をならし苗を植えやすい環境を作りましょう。プランターで苗の植え付けを行なう場合は、苗の高さを考慮して穴を掘りましょう。苗を植える前には根をしっかりとほぐして柔らかく植えつけましょう。庭に直接植えつける場合には、他の植物との間隔をあけてから苗を植えましょう。

苗を植えつけた後は、ふんわりと土をかけて固定しましょう。適度に肥料をまいて水をやったら後は苗が育つのを見守るだけです。初心者はつい水を与え過ぎてしまいますが、土の湿り具合を観察してから調整する様にしましょう。日当たりも苗の育成に関係してくるので、適度に太陽の光が当たる場所で家庭菜園を始めましょう。