植物の種類によって剪定方法が変わってくる

除草剤や草刈機

芝生

庭や所有している土地を綺麗にする為には、定期的な草刈り作業が必要になってきます。しかし、広大であればある程、重労働になってしまい一日では終えることができなくなってしまいます。効率良く作業を行なう為には、作業する場所の特性や広さに応じた除草が必要になってきます。一般的には、草刈機で除草を行なう方が多いでしょう。草刈機は、ホームセンターで販売されているので、気軽に購入することができます。値段も手ごろな物なら1万円前後から販売されています。草刈機には大まかに2種類あり、電動式とエンジン式があります。電動式の草刈機は、コンセントが必要になりますがすぐに作業が行なえるので、燃料を補給する必要もないので、初心者でも簡単に草刈りを始めることができます。しかし、電源であるコンセントが無い場所では使用ができないので注意が必要です。自宅の庭での使用に向いているでしょう。一方、エンジン式の草刈りは電動式の草刈機に比べると大型になる分、パワフルな稼働ができます。大量の草を刈る時に便利になってきます。また、燃料を搭載しているのでコンセントを必要としません。野外での草刈りに重宝するでしょう。

エンジン式の草刈機には、グリップの違いがあるのでうまく使い分けましょう。例えば、Uグリップの草刈機なら初心者でも使いやすい構造になっているので、稼働もさほど難しくなく平地での使用に向いています。長時間の草刈りが予想される場合には、背負い式を選ぶ様にしましょう。背負い式であれば、重たいエンジンも邪魔にならずに草刈りを続けることができます。本体を背負うことで、身動きがしやすく、広い敷地や斜面の作業に向いています。